GLAY(グレイ)メンバー同士の仲が刺激的すぎてびっくりした件


スポンサードリンク

CDの売り上げ枚数、観客動員数、その他数々の記録を更新し、ヴィジュアルロックバンドの先頭を走ってきたGLAY。
デビューからピークまで急勾配の右肩あがりで、ほとんど寝る間も無い状態で活動していたと思います。
そんな彼らですがどうやらその仲、私たちが思っていたのとちょっと違うようです。(後ほど詳しく)

画像出典:GLAYの天然すぎるTERU語録特集!クールな印象とのギャップが魅力! | ヴィジュアルマニア

GLAYとは?

言わずと知れた、数々の記録を残した伝説のヴィジュアル系ロックバンド。
1988年にTERUとTAKUROを中心に結成されました。
TERUとTAKUROは小学校、中学校で同級生だったんですよね。
今はヴォーカルとしてGLAYのサウンドを大きな柱となっているTERUさん、なんと当時はドラムを担当していました。
全然想像つかないですね!

1989年にはHISASHIがジョイン。
HISASHIはTAKUROの高校時代から付き合いがあるお友達です。
その後数名のメンバーが入れ替わり、1992年にJIROが加わります。
当時ドラムで参加していたNOBUMASAさんが脱退。
これにより、今の4人に落ち着きました。

1996年にはシングル「グロリアス」をリリースします。
これがオリコン4位にランクインし、シングルで初となるトップ10入りを果たします。
これから1ヶ月も経たないうちにアルバム「BEAT out!」がオリコン1位となり、このころからGLAYの快進撃が始まります。

1997年にリリースしたベストアルバム「REVIEW-BEST OF GLAY」は487万枚の売り上げを記録し、ギネスブックに掲載されます。
「日本で最も売れたアルバム」として。
このころのGLAYの勢いは誰も止められない感じでした。
いつテレビをつけてもGLAY、GLAY、GLAY!だったような気がします。

その後も数々のヒット曲を世に出しますが、忘れちゃいけない記録があります。
それは俗に言う「20万人ライブ」といわれていて、1999年に行われた「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO ’99 SURVIVAL」というライブです。
単独アーティストのライブの観客動員数では世界最多の記録となりました!
こんな人数を動員しているにもかかわらずチケットを取れないファンもいました。
彼らはGLAYの姿を一目見ようと、会場の外にある歩道橋(すっごい遠いところ)から見ていたそうな。
そしてこんだけの人、人、人なので、ライブ終了後に観客が会場を出るのにすごーく時間がかかったようで、日付変わってもなおまだ会場から出られない人もいたそうな・・・。

とまぁGLAYの凄さのほんの一部を書いてみました。
私が個人的に最近特に聞いている曲は、「pure soul」です。
彼らの活躍を、今まで支えてくれた人に感謝する歌詞があるのですが、自分の人生ともオーバーレイするところがあってグッとくるのです。
ぜひ多くの人に聞いてもらいたい曲ですね!

GLAY(グレイ)の相性はいかがなものでしょうか?
いつものように四柱推命で見てみましょう。

スポンサードリンク
 

日の天干から見る相性

四柱推命では、日の天干を利用して相性の良し悪しがわかります。
GLAY(グレイ)の相性を◎◯△の3段階で見てみましょう!

T
A
K
U
R
O
(辛)
H
I
S
A
S
H
I
(癸)
J
I
R
O
(辛)
T
E
R
U
(甲)
T
A
K
U
R
O
(辛)
H
I
S
A
S
H
I
(癸)

鑑定結果、なかなかびっくりです!
こんなに長く一緒にいるメンバー、赤信号だらけだったんですねー。
アーティストとして「組織に居られる安心感」は「成長の停止」を意味するともどっかで聞いたような。
ドラムNOBUMASAさんの脱退に関する記事でも触れられていた話だと思いますが、とにかくお互いを刺激し合うこの相性とTAKUROのリーダーとしての資質が、今のGLAYの根幹にあるのかと思います。

GLAYはまだまだいけると思います!
おじいちゃんになってもGLAYはGLAYでいてほしいですね!

このページに表示されている相性と命式の抽出には、以下のツール(Ver 1.14)を利用しています。

生年月日と出生時刻があれば四柱推命の詳細な運勢鑑定ができますので、ぜひ試してみてくださいね!(出生時刻がなくても簡易的な占いはできますよ♪)



また、GLAY(グレイ)の情報を自動入力した状態で使いたい方はコチラ!

自分との相性を見てみたり、違う人を入れてみたりなど、使い方は様々ですね♪

GLAY(グレイ)の命式

GLAY(グレイ)の命式は以下のようになっています。

TERUさん

生年月日:1971年6月8日生まれ
(出生時刻を利用しない簡易版)



TAKUROさん

生年月日:1971年5月26日生まれ
(出生時刻を利用しない簡易版)



HISASHIさん

生年月日:1972年2月2日生まれ
(出生時刻を利用しない簡易版)



JIROさん

生年月日:1972年10月17日生まれ
(出生時刻を利用しない簡易版)



最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP